Born To Be free

アナタが自由に生けるビジネスを案内しています

複数の収入を得る心得♬

f:id:svhyhvh:20171117223335j:image良い文章なので私の案件プラスでご紹介!

(*´▽`*)ノ))

僕たちが貧乏な理由を本気で考えてみたら、このままじゃダメなことに気が付いた。
より引用

 

あー金なんて全然貯まんねーわ


誰もが知るような某大手企業に勤める29歳の友人が、6年ぶりの同窓会の席でそうつぶやいた。
その名を聞けば誰からも羨まれる企業に勤めてはいるが、毎月のように口座の残高はほぼ0になり、生活がカツカツらしい。


「うちは高給取りなんて言われてるけど実際にはそんなことないんだよね」
「彼女には悪いけど、こんなんじゃ一生結婚なんてできねーなって思うよ」


同規模の大企業に勤める友人たちも同様に首を縦に振る。


「俺らの世代は所詮こんなもんなんだろうなって思うわ」
彼は皮肉混じりにそうつぶやいた。


貧乏であること”が 宿命付けられている人生
彼らの話を聞いて、ふと思った。


「もしかして、僕たちは一生お金持ちになんてなれないんじゃないか」
と。
いや、お金持ちと言わずとも、せめて“ストレスなく生活できるだけの収入”が欲しい。
僕はずっとそう思っていた。


しかし、日本を代表するような企業に勤めていても、たかが知れた給料しかもらえない。
朝から晩まで懸命に働いても何も報われない。
今の職場では年収1000万円など夢のまた夢・・・妄想に等しい。


・・・ふとした瞬間に僕は気が付いてしまったのだ。
会社に依存している限り、僕たちの人生は絶対に良くならないという真実に


“3年後のあなた”は どうなっているだろうか?
あなたもここで一度立ち止まって考えてみて欲しい。


この先、あなたが今と同じ職場に勤めて、同じ生活を続けて、続けて、続けて、、その結果、5年後、10年後の生活は明るいだろうか?


今とは劇的に変わって、高収入で、豊かで、ゆとりのある生活ができているだろうか?
少なくとも僕には、この先、僕に明るい未来が待ち受けているようには思えなかった。


社員が2、30人ほどの零細企業に新卒で入社してしまった僕には、5年後、10年後、精神的にも経済的にもゆとりを持って、伸び伸びと過ごしている自らの姿が想像できなかったのである。


つまり、このままでは「宝くじが当たる」という天文学的な確率の奇跡でも起こらない限り、一生ゆとりのある人生など送れないと確信したのだ。


さらに悪いことに、
いつ会社に見捨てられても
おかしくはない悲惨な現実
が僕たちの前には立ち塞がっている


そりゃそうだ。
この不景気の中、どの企業も倒産の恐怖にブルブルと脅えている。90%以上の企業が倒産と隣り合わせの崖っぷちなのだ。


たとえば、30年前の好景気の時代に、東芝やシャープといった大企業が経営危機に陥るなど誰が想像できただろうか?

終身雇用など夢のまた夢、もはや「過去の遺物」である。


いざというとき、会社はあなたを守ってはくれない。
今や自分の身は自分で守らなければならない時代だ。
こんな時代にあって、あなたの未来はどうだろうか?
今と同じ生活を続けて、あなたの未来は本当に明るくなるだろうか?


もし、明るくないのであれば、現状を、未来を変えるためには、僕も、あなたも、なんらかの行動を起こさなければならないということになる。


辿り着いた1つの結論
では、何をすれば良いのか?
あらゆる書籍を読み漁り、ネットで情報をかき集め、無い知恵を振り絞って考え抜いた結果・・・


ある1つの結論にたどり着いた。
それは僕たちが経済的に豊かになるためには以下の2つが必要だという真実だ。


1、複数の収入源を持つ
会社の給与しか収入源がないと、どうしても生活が不安定になりがちだ。
たとえば、あなたが減給されたとしたら?あるいは、会社をクビになってしまったらどうだろうか?


そこで僕がたどり着いた結論が「複数の収入源を持つ」だ。
会社の給与以外の収入源を持つことができれば、仮に減給されようが、会社をクビになろうが、あなたが会社を辞めようが一切関係ない。
何も不安を抱える必要はない。会社に依存する必要もない。
苦痛で仕方がない会社なら辞めても良いのだ。


2、働いていないときでも収入が生まれるような仕組みを作る
仮にあなたが寝ていても、遊んでいても、友人と楽しくお酒を呑んでいても勝手に収入が生まれるような仕組みを作ることが、僕がたどり着いた結論の2つ目だ。
 
一言で言えば、「不労所得」を作り上げるということでもある。


たとえば、誰か人を雇って自分の代わりに仕事をさせることができれば、その条件を満たすことができる。
他にも広告を活用して何かを売るなどもこれに当てはまる。


この2つ の条件を満たすことができなくては、死ぬまで「時給」で収入を計算しなくてはならない。
つまり、「1日何時間働いたか」という“労働”によって収入が決まるということだ。
冷静になって考えてみればわかることだが、「労働収入」に頼っている限り、死ぬまで裕福になることはできない。


なぜなら、あなたが働いている「時間」にしか収入が発生しないからだ。
キーワードは


依存からの脱却


とは言え、働いていないときに収入が発生するような仕組みを作ることは容易ではない。
したがって、まず僕たちがやるべきは「複数の収入源を持つこと」
つまり、副収入を得るということだ。


副収入と言っても、別に月100万、200万といった現実離れした収入を目指す必要はない。
まずは月に5万円でも良い。
たった1つの収入源に「依存」している状態から脱却し、確固たる第二、第三の収入源を確保すれば良いのだ。


でも、その結論って
本当に正しいの?


と、あなたは思っているかもしれない。
しれないが、ではあなたにお聞きしたい。


あなたは現実的にどのようにして現状を変えていくつもりなのだろうか?
今、あなたが勤めている職場で出世するのだろうか?それとも転職して収入アップを狙うのだろうか?


確かに、現状を変えるためにはそんな選択肢もあるのかもしれない。
でも、はっきり言って
「バカなんじゃないの?」
と僕は思う。
「出世」しても、「転職」しても、根本的な解決にはならない。
なんとなく解決に向かっている気がするだけだ。


なぜなら、出世したとしても会社が潰れれば意味はないし、職場を変えても転職先の会社が潰れたら同じく終わりだからだ。


要するに会社に依存している限り、根本的な解決にはならないのだ。


現実を直視し、冷静に考えれば、3秒でわかることなのだが、多くの人がこの現実から目を背けている


ここで、あえてもう一度
あなたにお聞きしたい


複数の収入源を持つこと」よりも確実に現状を変える方法があるだろうか?


少なくとも僕にはこの方法しか考え付かなかったし、今の職場での昇進・昇級、あるいは転職よりも、現実的に、確実に人生を変えられると感じた。


あなたには他に何かアイデアがあるだろうか?
あなたの現状を打ち破り、何か人生を好転させるための具体的な選択肢があるだろうか?
もし、あなたに具体的なアイデアがないのであれば・・・


以下のリンクをクリックして確実で限定なアイデアを実行してください!

→ → お問い合わせ ← ←f:id:svhyhvh:20171117223325j:image